2012年06月12日

『王女の男(原題 姫の男)』あらすじ、みどころ紹介!

『姫の男(原題 姫の男)』あらすじ、みどころ紹介!

『姫の男』KBS水木ドラマ『王女の男(原題 姫の男)』韓国7月20日放送スタート。全24話。

みどころは、甥の端宗第六代王の王位を奪い、国王の座にのしあがろうとした首陽(スヤン)大君が左議政キム・ジョンソらを殺害した「癸酉靖難(ケユジョンナン)」を基本にされたストーリー。

あらすじは、敵同士になった首陽スヤン大君の娘とキム・ジョンソの息子の、引き裂かれる叶わないロマンスが描かれた朝鮮版「ロミオとジュリエット」一大悲恋ドラマ。
【出演者】パク・シフ、ムン・チェウォン、ソン・ジョンホ、ホン・スヒョン、イ・ミヌ、キム・ヨンチョル。
『姫の男』

『姫の男』パク・シフ【出演者  役名  役柄】

パク・シフさん・・・キム・スンユ役。
●絶対的な権力を持つキム・ジョンソの末っ子。
●強靭な肉体に、名家の育ちらしい気品があり知的な貴公子。
●首陽大君(キム・ヨンチョルさん)の娘セリョンムン・チェウォンさん)との恋愛。

 『姫の男』ムン・チェウォンムン・チェウォンさん・・・世伶/イ・セリョン役。
●首陽大君(キム・ヨンチョルさん)の長女。
ユン氏夫人が母親。●好奇心が強くて大胆な性格。
キム・スンユパク・シフさん)に王女になり済まし会う

ソン・ジョンホさん・・・シン・ミョン役。
キム・スンユパク・シフさん)とチョンジョンイ・ミヌさん)と親友。
イ・セリョンムン・チェウォンさん)に好意をもっている。

 『姫の男』イ・ミヌさん・・・チョン・ジョン役。
キム・スンユシン・ミョンソン・ジョンホさん)の親友。
●没落した家柄で、笑いを失わない「かわいいフンナム」。
●高利貸しから金を借りている。

 『姫の男』ホン・スヒョンさん・・・敬惠王女役。
●端宗の妹、敬惠公主(姫)
キム・スンユパク・シフさん)が駙馬候補に選ばれた。

キム・ヨンチョルさん・・・首陽スヤン大君役。
第五代王ムンジョンの弟で、甥の第六代王タンジョンから王権を奪取する
セリョンの父親。
ハート8月3日放送は、朝鮮最高の権力者キム・ジョンソイ・スンジェさん)は、対立する首陽大君キム・ヨンチョルさん)にひざまずいた。
 『姫の男』パク・シフ敬惠王女ホン・スヒョンさん)を「宮殿」の外に誘い出し、淫行をはたらいたという寃罪で駙馬候補から除外され、投獄された息子スンユパク・シフさん)のためだ。

セリョンムン・チェウォンさん)は、姫の振りをしてだました為に投獄されたスンユパク・シフさん)を、助けるために父親の首陽大君キム・ヨンチョルさん)に哀願した。
また、放送の終わりにスンユパク・シフさん)はセリョンムン・チェウォンさん)と再会してロマンスも加わった。
ハート8月15日のスペシャル放送は、癸酉靖難でスンユパク・シフさん)とセリョンムン・チェウォンさん)の恋が危うくなる中、一歩遅れて家に帰ってきたスンユパク・シフさん)を狙う、首陽派チルガプの姿が描かれた。
 『姫の男』パク・シフ一方、キム・スンユパク・シフさん)は首陽大君キム・ヨンチョルさん)の襲撃を受けた、悽惨な姿の兄キム・スンギュと父キム・ジョンソを発見し絶叫した。

ハート8月17日放送はキム・スンユパク・シフさん)がセリョンムン・チェウォンさん)の正体に気付く姿が描かれた。 『姫の男』パク・シフ

首陽大君キム・ヨンチョルさん)によって、兄と父キム・ジョンソイ・スンジェさん)の両方を失ったキム・スンユパク・シフさん)は、首陽大君の心臓を狙って剣を抜きにかかった瞬間、首陽大君キム・ヨンチョルさん)の横にセリョンムン・チェウォンさん)を発見する。
首陽大君に殺気と憎しみが極まった瞬間に、愛した女性が首陽大君娘であることわかり驚愕する
 『姫の男』ムン・チェウォン8月18放送はキム・スンユパク・シフさん)が愛した女性が、実は復讐相手の娘だったという事を知り全てを理解した。
そして、セリョンムン・チェウォンさん)に復讐心を燃やすが、九死に一生を得て斬刑を免れたキム・スンユパク・シフさん)は、強化部の奴隷として島流しされることになる

ハート9月7日放送第14話は、敬惠王女が夫の定宗イ・ミヌさん)を生かしてくれと、首陽大君キム・ヨンチョルさん)の前にひざまずいた。 『姫の男』

また、敬惠王女の兄端宗が全てをあきらめて首陽大君王の座を譲ることに決めた
 『姫の男』ハート9月8日放送第15話は、すべての悲劇の元凶だった首陽大君キム・ヨンチョルさん)が、結局、王の座に座り新しい局面を迎えた。

首陽大君キム・ヨンチョルさん)は、幼いおいの王位を強制的に奪ったという非難を逃れるために、王位を譲るという端宗の言葉に「お言葉を取り消してください」と断る。
しかし、首陽大君キム・ヨンチョルさん)はスンユパク・シフさん)の逆襲で、自身と首陽派に危険がせまるとすぐに譲位を受けて宮殿に入った。
『姫の男』ムン・チェウォンハート9月14日放送はになった首陽大君キム・ヨンチョルさん)のおかげで、となったセリョンムン・チェウォンさん)が、「わたしは、一生結婚しないだろう」と打ち明ける姿が描かれた。

ハート9月21日放送はセリョンムン・チェウォンさん)が首陽大君キム・ヨンチョルさん)に反発し、姫の身分を放棄して親子の縁と名誉を捨てキム・スンユパク・シフさん)との黒ハート愛を選んだ。 『姫の男』

 『姫の男』ハート9月28日放送は、スンユパク・シフさん)とセリョンムン・チェウォンさん)、チョンジョンイ・ミヌさん)とギョンヘホン・スヒョンさん)の黒ハート熱いロマンスが描かれた。
スンユセリョンは、額から目、頬、そして口に黒ハート四段階キッスと後ろから抱き締めて愛を示した。 
また、ギョンヘチョンジョンの子を妊娠したことがわかり喜びを分かち合った。

ハート9月29日放送は定宗イ・ミヌさん)の最後が描かれた。
ギョンヘホン・スヒョンさん)とスンユパク・シフさん)は定宗イ・ミヌさん)の最後に嗚咽し、スンユパク・シフさん)とセリョンムン・チェウォンさん)は胸の痛い別れになる。
『姫の男』ホン・スヒョン『姫の男』イ・ミヌ

あと、二話だけを残したスンユパク・シフさん)に対する揺るがない黒ハート愛と父が行う血の粛清を目にしても、苦痛と悲しみに憂いの表情さえ見せずに心で涙を流す。 『姫の男』

ハート10月5日放送はスンユパク・シフさん)とセリョンムン・チェウォンさん)が、
 『姫の男』切ない二人だけの結婚式をすまして夫婦の縁を結んだ。
しかし、スンユパク・シフさん)の復讐によって、再び別れた二人がハムキル島で涙の再会をする姿が描かれた。

ハート10月6日放送の最終回はスンユパク・シフさん)は首陽大君キム・ヨンチョルさん)に刃物を向けたが、セリョンムン・チェウォンさん)に子供ができたという話に心が崩れた。
スンユパク・シフさん)が捕らえられ投獄された。
セリョンムン・チェウォンさん)も、後を追って死ぬかのような姿が描かれた。
数年後、首陽大君キム・ヨンチョルさん)は目の見えなくなったスンユセリョンムン・チェウォンさん)が、子供と幸せに笑っているのを見る
ユン氏夫人の助けによって逃げて家庭を持ち、黒ハート愛を育むハッピーエンドで幕を下ろし、視聴者たちに微笑を与えた。
そのスンユは、セリョンとの幸せの為に復讐心をすて家庭を持つ事を選んだ。
『姫の男』

わたしのひとりごと+++++++++++++目

パク・シフさんの、胸をときめかし恋する目付き、刺客の矢が当たって苦しがり切迫した目付き、実ることのない切ない恋をしたおぼろげな目付きなどを演じてきた。
パク・シフさんは『姫の男』が放映終了しだい釜山国際映画祭に参加し、映画『私が殺人犯だ』の撮影に合流した。
『姫の男』パク・シフ2
 
王女の男(原題姫の男)』のOST
『姫の男』シン・ヘソン歌手シン・ヘソンさんが、エンディング曲如怨如慕」を歌う。
その「如怨如慕」は、「恨んだり思慕したりもする」という意を込めたタイトルから切ない愛の感じを伝える。
この曲は、作曲家ユン・イルサンさんと作詞家チェ・ウンハさんが息を合わせた曲で、切ないボイスが絶妙の調和を作り出してドラマの中の切ないロマンスをより浮上させる。

☆☆またペク・ジヨンさんの、哀切な声は映像を圧倒するほど強力なパワーを見せた。『今日も愛してる』は、ロマンチックな切ない愛の白黒で美しい映像の姿が収められている。
今日も愛してる』は、劇中スンユセリョンが登場するシーンとエンディングのテーマ曲として流れ、二人の悲しい運命と悲劇的な恋を一層盛り上げ視聴者たちの心を揺さぶっている。
『姫の男』ペク・ジヨン

『姫の男』パク・ジョンミン☆☆☆ 男性グループSS501パク・ジョンミンさんが、『姫の男 OST Part4』でオリジナルサウンドトラックに参加する。
この曲『恋しい』は、美しいメロディーに繊細な感情を描写した曲に仕上がり、パク・ジョンミンさんの哀切な歌声とよくマッチしている。
☆☆☆☆大規模のオーケストラに、韓国の伝統楽器ヘグムやコムンゴなどを使用したフュージョン国楽バンドが加わったイ・スンヨルさんの『涙の花』も話題。

パク・ジョンミンさんとイ・スンヨルさんの二人が参加したサントラ Part4は、オンラインで公開された。
+++++++++++++++








posted by ブロッサム at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。